Snob Blog - スノッブ ブログ

27 September

心より感謝の9周年









早いもので、Snob Angelaもオープンして9年目になりました。




こんなふうに、周年のblogが書ける事が本当に幸せだと感じています。




ありがちな言葉ですが、ご来店くださるお客様、支えてくださるディーラー様やメーカー様、共に歩んでくれるスタッフ達、本当に沢山の方のおかげで Snob Angela があるのだと心から思います。




本当に感謝しかありません。




美容の道を志して、気付けば21年、沢山の贈り物を貰ってきました。




贈り物 それは、沢山、本当に沢山の方との出会いです。




この仕事だからこそ、出会えた沢山の方々




その一人一人がSnob Angelaをに進む道を与えてくれ、僕達に力を下さいました。




必死にあがいて、もがいてそれでも力強く前に進んで行けるのは、皆さんと出会えたからだです。




僕達が、心からの感謝をお伝えるすべは、この美容の仕事を志高く日々を精進し続けていく事だと思っています。




この先もずっと、大好きな美容の仕事で人を幸せにできる様に、邁進し続ける事をお約束いたします。




2020年 9月 25日  代表 窪田 政光

11 September

写真を撮ること…






こんにちは、Snob Angela の 窪田です。




久しぶりに、スタッフとモデルをシェアして撮影するはなしをもらった。




最近は、一緒に撮ることが少なくなっていたので、ワクワクで撮影に挑みました。




時間は、スタッフと半々の時間だったので、仕込みから撮影まで込みで1時間半




自分にしたらかなりタイトなタイムスケジュールでしたが、イメージは固まっていたのでスームーズに行えませいた。




夕方の夕焼け狙いの撮影だったので、時間との勝負!




ジャストでロケ地入りでき、理想のシチュエーションで撮影できました。




ロケ地は、普段釣りによく来る場所です。




でも、ファインダーから見る景色はいつもとは一味違った雰囲気にみえました。




日々、なにげなく過ごす日常のなかや、よく行く場所の中にも見方を変えると素敵な場所、素敵な雰囲気になる場所って有ると思います。




そんな風な目線で日々過ごしてみると、ちょっと楽しめるんじゃないかと思います。

05 September

インテリアのメンテナンス






インテリアが好きなのは、以前もお話しましたが特にアンティークのガラスのペンダント・ライトが非常に好きで、




店にもたくさん飾っています。




素敵なのを見つけると飾る場所がなくても欲しくなってしまいます!




よく買ってる店は、京都の上鳥羽にある70Bという店です。




メンテナンスもしっかりしてるので、照明関係を買うのも安心して購入出来ます。




今回は、吊るすためのチェーンと配線をベストな長さにする為に一回バラして、微調節していました。




空間を飾るためのペンダント・ライトなんで、照明の大きさと天井からの距離感や空間の広さや、




什器との距離感などトータルで見たときに心地の良いバランスを考えて配置しています。




ゆえに、内装インテリアの模様替えするのには結構な時間を様します。




コロナの影響もあり、ソーシャルディスタンスを考えたセット面の配置には本当に頭をつかいましたw




僕たち美容師はヘアスタイルをデザインする仕事です。




デザインに携わるものとして、働く空間もオシャレにコーディネートしておきたいのが、




僕自身のポリシーです。




Masamitsu Kubota

28 August

Snob Angela の 植物たち






Snob Angela の 窪田です




 Angela には沢山の植物がインテリアの一部としてディスプレーされています。




完全に僕の趣味の様なものですが、今となっては Angela の雰囲気を演出してくれている大切な存在です。




元々、植物が好きだったかと言うっと…




全くそんな事はなく Angela のオープン時の内装のテーマが




「アイアン と ウッド と グリーン 」




で中東のテーストを盛り込んだインテリア空間を目指していたので、




その時に自分で購入したものやお祝いで頂いたものと色々ですが、沢山の植物達を管理していく事になりました。




13種 25株という数の多さです。




どの植物にも特性があり水を与える間隔や日の光の取り入れかた、配置など適切に育つ様に考え尽くして、ディスプレーしています。




紫外線照度が足りないところは、紫外線ライトなどで徒長(とちょう‥‥茎部分が間延びした様に細くヒョロっと伸びる事 紫外線量が足りないと起こる)しない様にしています。




水やりは基本乾かし気味にし与えすぎない様にしていますが、季節によって空調の加減で土の渇き具合や葉の状態を観察して与え方を変えています。




風通しは大切ですが、店で人の出入りは多いので特にサーキュレーターなどで空気を動かす事はしていませんが、




これ実は室内の観葉植物には、結構重要で空気の流れが止まっている様な場所は害虫が繁殖しやすく、根腐れも起こしやすくなるのでご注意ください。




少し言葉にしただけで、植物に関してはたくさん情報が出て来ます。




この8年間の間にかなり多くの知識を得ました。




植物も生き物です。同種でも個々に違いがあり、別種になれば尚更に個性様々な特性をもっていますし、人間のそれと同じ様に性格も違う様に感じます。




お客様から、




「どうやったら、枯らさない様に上手く育てられますか??」




よくこんな質問を頂きます。




僕も素人なので大きい事は言えませんが…




「とにかくよく観察してあげて下さい。




 葉も茎も土も、必要ならサインをくれてますよ。




 水やり、慣れない間は基本カレンダーに付けてください。




 葉はなんとなく見てるのではなく裏側もチェックして下さ。




 害虫の始まりは大概そこにいたりします。




 置く場所の日照条件を確認してから、植物の種類を選んでください。




 朝日はかなり万能ですが、西日は苦手な植物も多いです。」




など…まだまだありますが切りがないのでw




お好きそうな方には、結構真剣に話しちゃいますね。




僕のセカンドライフはこっちの道かも….って思ってみたりw




趣味は仕事にしない方がってよく言いますが、今も大好きな事を仕事にしているので、




趣味レベルに没頭できる事が仕事だったって言うだけですよね!!

20 August

今の時代だからこそ トップが学ぶべき事






Snob Angela の 窪田です




先日、あるYouTube動画を見ることを勧められました。




今、流行の「アンガーマネジメント」に関する動画でした!




“田中 敦彦のYouTube大学【アンガーマネジメント①】怒りで失敗しないために今最も必要なスキル”




を見て、そこで紹介していた本




 ”戸田 久美 さんの著書「アンガーマネジメント」” を読みました。




僕は、20年美容師をやっていて自分のサロンを立ち上げて8年の月日が経ちました。




その中で、自分が経営者となりスタッフを雇い経営する立場になりました。




僕はこの半年前まで雇用者として働いていた時にしていた指導や指導方法が正しい事だと思っていました。




もちろん、後輩のためだと思い、強い指導をする事もしばしば有りました。




情熱を伝える事は、絶対にその子の将来の力になると思っていたから…




ただ今は、




自分の思いがどんなに強くても、それを自分軸でぶちまけても、何もいい事はない、むしろ逆効果なる可能性があると言う事を考える様になりました。




自分軸とは、情熱や必死さや怒りなどの突発的な強いお思いを自分勝手に伝えても、相手には、適切に伝わらないし、マイナスの連鎖を生んでしまう事がある。




マイナスの連鎖とは、例えば上司や目上の人に頭ごなしに伝えられたら、その反動は上にはこない、関係性もあるが、必ず下に向く、後輩や自分より力の無いものにその反動は作用する。




後輩は更に後輩に、更にストレスが増えればパートナーや子供に、子供が兄弟や友達にと言うように、自分とは直接関係の無いところまで影響していく可能性もあるって言う事。




こんな連鎖あっていいはずが無い、でも強過ぎる感情にはそれだけの影響力がある。




だからこそ、自分軸で発信する強過ぎるエネルギーはコントロールしなければいけない。




強い感情が出てくる根源に、「自分も思う = 皆んなもそう思ってる」なんて言う手前勝手な思考があったりする。




自分が思ってる事と他人の思っている事は違って当たり前なのに、一緒の様に考えるから「◯◯って◯◯じゃないですか!?」と決めつけて、あたかもそれが正論かの様に話す。これは、こうある「べき」って考え方になってる。




「後輩はこうあるべき」「社会人はこうああるべき」「皆んなこうあるべき」 など




「べき」っていうのは、個々それぞれの人間がもつ、信念やルールみたいなもの。(コアビリーフって言うらしい。)




誰もが、育ってきた環境や置かれている立場で、刷りこまれていくものだと思う。




一般常識とされるものも、誰を基準としたものかもわからないし、そもそも「これって当たり前」とか「これが一般的に普通」とか言う思考が自分軸なんだと思う。




10人いれば10人の答えや基準があるかも知れない。




国が変われば全然違ったりもする。




自分の常識は他人の常識では無いという事をまずは頭に置いといた方がいい。




それを踏まえた上で、他人と多く関わる職場などではどんな事が求められるのか。




それは、心理的安全性(心から安心できる環境)だそうです。




心から安心して働ける職場は、




・自分のありのままを見せる事が出来る(自己開示)




・自分の考えや思いを言語化して周囲に伝える事が出来る(自己表現)




・自分は自分であり他の人とは違う存在であると個性を自覚する事が出来る(自己認識)




この3つが保たれた環境で、圧倒的にコミュニケーションの量や質が変わり、報告・連絡・相談が適切に行われ生産性が飛躍的に向上する!




あの、Googleで実験を行い立証済みだそうです!!




しかし、解ってはいても仕事をしている現場では、突発的な感情が出やすいものだと思う。




自分では、必死に伝えてるだけで、怒ってると思われてしまう。とか




自分では、伝えたが理解まで及んでなくて、再度伝えに行く時に強めに伝わってしまう。




など、




単純に普段からのコミュニケーション不足が原因で、起こってしまう事だと感じる。




これも、相手の意見や思いをすっ飛ばして、コミュニケーションではなく一方的に伝えてるだけになってしまっている。




「そんなつもりは無いのに」なんて、通用しませんし、そう思われる様に振る舞ってる方に原因があるとお思います。




トップがそんな雰囲気を出していて良い職場になるはずが無いですね。




円滑に進めたい仕事もコミュニケーションが不足して、思う様に進まないなんて事になってしまいます。




自分で自分の首を絞めるていることになります。




トップには、スタッフが気持ち良く働ける環境を作る責任が有ると思っています。




その責任を果たすためには、スタッフ全員で作っていきたい職場環境を共有して、できていなかったあら、気軽に指摘しあえる空気を作る事が大切に感じます。




自分だけで意識するだけより、周りに開示して巻き込む事で指摘しやすくなったり、素直に受け取る事もできる。




他力本願と言うわけではなく、お互いに努力し合う事が重要だと思います。




環境を大きく変えるという事は、そこに流れる血液を入れ替えるも同じくらい大変なことかもしれません。




しかし、会社組織のトップには、今一番必要な事だと強く認識しています。




既存のスタッフや未来のスタッフが毎日笑顔で楽しくのびのびと仕事ができるより良い環境を作って行く事が、今僕に与えられた最大の使命だと思います。




Masamitsu kubota

12 August

アンパンマンから見えてくる『社会の縮図』


”添付画像  アンパンマンのぼうけん② アンパンマンとピイチクモリ”




Snob Angela の 窪田です。




皆さんご存知の幼少期のヒーロー『アンパンマン』




子供が観ているのを横目で、なんとなく見ていてキャラクターや内容は大体の方が知っているであろうと思います。




ストーリーは至ってシンプル、




主人公のアンパンマンは困ってる人を助け、自分の顔のアンパンを分け与える。程なく現れる悪さをするバイキンマンからみんなを守ろうとするが、欠けた顔では力が出ず一度はやられてしまうが、仲間の助けで復活し、フルパワーのアンパンマンが最後はバイキンマンを撃退してハッピーエンドっていうのが基本的な展開です。




これのどこに「社会の縮図」を感じるか…




あくまで理想の社会だとは思いますが




この世界の美徳として「一人はみんなの為に、みんなは一人の為に」という思想があります。




まさに、この理想的な思想のストーリー展開は僕たちの生きるこの社会でもっとも必要な思考だと思います。




きれい事かもしれませんが、自分以外の誰かのために考え行動する。




親が子のためにする様に、仲間が友達のためにする様に、会社が社員のためにする様に、




良い思考の連鎖を作っていきたい。




規模は違いますが、同じだと思います。




幼少期の純粋な心に、この「アンパンマン」を通して、他を思いやるという大切な心を芽生させる種を植えてくれてる様に思います。




人は拳や刀やペンに持ち替えて、進化し社会は発展してきました。




戦う方法や守る方法は変われど、「弱きを助け、強きをくじく」




社会においての立場は違っても、自分より力のない者を助ける精神を…




あの時、植えられた小さな種が芽を出して大きく育てられる環境を社会を作っていきたい。




僕は、会社を経営する立場で、まだ小さな規模の小さな社会ですが、




まずは、自分の周りからそんな環境を作っていきたいと思っています。




窪田 政光

04 August

ヘアカラーテクニック練習会 第2段(後編)






スケジュールの関係で、ウイッグ作成からだいぶ日が経ってしまいました。




が、技術をスタッフで共有する時間は大切なものです。




今回、デザイン・スキル共有していくのは、




バレーアージュカラー(ランダム感が特徴のデザイン)




バックコーム(髪に逆毛を作りつなぎ目をぼかすスキル)




ベールカラー(細い線の様なスライスで薄く存在感を強調しないデザイン)




ウエット塗布(濡れてる状態でカラー剤やブリーチ剤を塗布する事でグラデーションを作りやすく、髪への負担コントロール)など…




この4項目、はブリーチを使ったハイコントラストなデザインカラーには、欠かせないスキルです。




目的や希望に添える様にデザインを作っていくために、技術者のスキルを共有して合わせて置く事が必要不可欠です。




Angelaでは、お客様に色んなカラーを楽しんで頂く為に日々アップデートしています!




Masamitsu kubota

04 August

『 好き 』は魔法のキーワード






Snob Angela の 窪田です




最近、心からそう思った事。




『好き』 って最強なんだなって感じます。




なんでもいいんで。好きな事を挙げてください!って言って一つも挙げれない人なんってほぼいないと思います。




好きな事をしている時の時間は人にとってずっと続いてもなんの区にもなりません。




むしろ、楽しかったり幸せだったりします。




時間を忘れて何かに没頭してやり終えた時「もうやりたくない」や「疲れた」「しんどい」とはならないはずです。




更にもっと深ぼりしたく成ったり、難易度の高いものに挑戦したいと成っていきます。




『好き』 という言葉日頃から当たり前に耳にする言葉ですが これが一番すごくて最強なものです。




『好き』が出現する切っ掛けは、ほんの些細な事だったりします。




周りから褒められた時、思ったよりうまく出来た時、逆に出来なかった時なんかも、人の役にたった時、憧れや、感動もその切っ掛けになります。




心が『ドキッ』っとした瞬間、人は好きの魔法にかかってしまいます。




かかるとそう簡単には解けないものです。




実力や経験以上の力を発揮したり、想像よりもはるかに評価されたりします。




もちろん、その逆で認めて貰えなかったり、適切な評価が得られない事も在るでしょう。




そんなの関係ありません。




評価が欲しくてやってるわけでもないし、褒めて欲しいからでもありません。




ただただ 好きだからやっているそれだけなのです。




純粋且つ無限で不滅のものです。




恋愛なんかも「恋は盲目」という言葉が在る様に他の事なんてお構いなし、ただただ自分の気持ちに真直ぐに強い思いを貫いてるだけです。(暴走しすぎると問題ですがw)




この「強い思い」っていうのが人を無敵にします。




思いが強ければ強いほど、この「思い」は具現化し形になります。




スポーツであればタイムや技で良い結果がでたり、




クリエーターであれば素晴らしいデザインが生まれたり、




音楽なら心に響く曲がうまれたり、




仕事であればクライアントに高評価が貰えたり、




様々ですが結果という形で評価され、更なる活力になります。




好きな事だからこそ、時間やお金、情熱や執着心、普通とは違う熱量で物事に取り組みます。




結果を出している人ほどそういう人が多い様に思います。




「好きこそものの上手なれ」このことわざに偽りなしです。




僕たちの仕事は自分の磨いた技術をお客様に施す仕事です。




だからこそ、この『好き』という魔法のキーワードを存分に提供していきたいものです。

21 January

Angela style


こんにちは、Angelaの窪田です。
1月も半ば過ぎてもあまり寒くない滋賀県です。
それでも、ロケの撮影はまだまだ厳しですね。
2019年 昨年も色々撮りましたが、今年も沢山の撮っていく
つもりですので、ご覧いただけてる方がドッキとする
写真を撮っていきたいと思っています。
2020年 今年も、Angelaをよろしくお願いいたします!!







































Angelaでお待ちしております!!

07 December

Angela style


こんにちは、Angelaの窪田です。
気がつけば、12月!
なんか気忙しい季節です!
そんな時にも、やっぱり撮影ネタです!
来期のに向けて・・・



















今年ももう少し!
頑張りましょう!!

1 2 3 4 5 6 10